L-CDEの広場(掲示板)

L-CDEの広場(掲示板)

療養指導で困った事、糖尿病専門医や他のCDEへの質問など、お気軽に書き込んでください。

名前 入力必須
Eメール
タイトル
コメント 入力必須
リンク
投稿キー 入力必須 (スパム防止のため、左に 投稿キー を入力してください。)
パスワード (入力しておくと、書き込みの修正・削除ができます。)

[7] 勉強熱心ですね
仲 元司 2010/09/01(Wed) 17:32
昨年から今年にかけて近々HbA1cの標準値が変更される話、糖尿病の診断基準が改訂された話(妊娠糖尿病の診断基準も)、新薬(インクレチン関連薬)の話、持続血糖モニタリングが保険適応となった話など糖尿病の分野で新しいことが次々と出てきていますので常にアンテナを張っていないと時代に取り残されてしまいます。
確かに今年のテキストでは上記の話題が新しく掲載されており、今年の講習会に出席されればそれらが確認できます。でももう一度講習会を受けるには10000円余分にかかる上に大部分は去年と同じような内容ですよ。ただ去年と東信・北信の講師が入れ替わるため別の講師から同じ話を聞くのも勉強のうちかもしれません。
また、われわれ東北信L-CDE育成会では合格して資格認定された方たちの更なるスキルアップを目的に、そのようなアップデートな話題を盛り込んだ講演会(今年はすでに終了しました)、研修会(5回のうちまだ4回残っています)を企画しておりますので、そちらに出席なさって新しい知識を身につける方がお勧めです。
さらに県内各地でインクレチン薬や糖尿病関連の研究会などがたくさん開催されていますので、更新単位を取得する目的も兼ねてそういうところで勉強するのもいいでしょう。
[6] 質問です
初心者 2010/09/01(Wed) 09:38
昨年合格し、LCDEになったものの、糖尿病の基礎知識の不十分さを自覚しています。
診断基準が変わったとか、新しい薬が出たとか聞きました。
今年も認定講習会に参加して勉強したいのですが良いですか。
[5] たしかに
仲 元司 2010/07/28(Wed) 19:27
私も一度に5種類の機種を使ったのは初めてなので皆さんと一緒に測定してみてとてもいい勉強になりました。
特に機種間の誤差については、とんでもない数値に驚いていた人もいたようですが、私個人は意外に誤差が少ないんだなと思いました。
ただしこれは手技にもよるのかもしれません。私がすべての機種で同時測定してみたのは1回だけ、このとき穿刺部位は1箇所、かなり大きな穴が開いたらしく血液の採取量が多かったので準備しておいて複数の機種に次々と血液を吸わせることができました。つまりサンプルが揃っていたんですね。無理に絞り出したり量が少なかったりということがなかった。だから数値が揃っていたのかもしれません。
たとえそうであってもSMBGはあくまで参考程度、これを病棟での治療方針に使うのはリスクがあるということを認識するべきだと思います。
研修会の感想まで頂いて、貴重なご意見本当にありがとうございました!
[4] SMBGの誤差 その2
Takahara Sakura 2010/07/28(Wed) 18:37
先日はSMBGについての質問にお答えいただき、ありがとうございました。
せっかく詳しく解説していただいたのですが、どうも釈然としないというか、そのときは納得せきませんでした。
それが、7月25日のLCDE研修会に参加して、目から鱗が落ちるように納得できました。
仲先生と森本先生の講義もよくわかりましたが、5種類の血糖自己測定器を同時に使ってみて、体でわかった感じです。
これからもLCDEの研修会には積極的に参加したいと思います。
ありがとうございました。
[3] Re:[2] SMBGの誤差
浅間総合病院 森本光俊 2010/07/11(Sun) 14:04
血糖自己測定器は、2003年に発行された国際規格 ISO 15197 に準拠しています。
国際規格 ISO 15197では、「血糖値75 mg/dl未満では、± 15 mg/dl、血糖値75 mg/dl以上では、± 20% 以内に測定値の95%以上が入っていること」となっています。

今回のエピソードでは、
@食前に血糖を測定したところ、メディセーフの値は63(48〜78)、グルテストNeoスーパーは89(71〜107)でした。

A確認のため自分で測定したところ、メディセーフは78(62〜94)、グルテストNeoスーパーは91(73〜109)でした。

と考えてください。

何が原因というより、各メーカーが色々な測定原理を用いているなか、その程度の誤差を許容範囲として認めているわけです。
あくまでモニタリング用のSMBG機器で、正しい血糖を知ろうということ自体ナンセンスで、リスクのあることだと思います。

では何をもって正しい血糖値を知るのかというところだと思いますが、基本的には標準物質により精度管理された検査室や検査施設の臨床検査機器で測定した値が正しい血糖値ということになります。
また、病院の看護師さんということなので、病棟や外来にPOCT機器の導入なども検討してみてはどうでしょうか??
[2] SMBGの誤差
Takahara Sakura 2010/07/08(Thu) 11:23
病院勤務の看護師です。
最近経験した事例について質問します。

入院した患者さんがインスリン注射とメディセーフを持ち込みました。当院はグルテストNeoスーパーを使用しています。
食前に血糖を測定したところ、メディセーフの値は63、グルテストNeoスーパーは89でした。
確認のため自分で測定したところ、メディセーフは78、グルテストNeoスーパーは91でした。
血液は同じ血液を使用し、量も十分あったと思います。

測定器種で測定値が大きく違うのは何が原因でしょうか。
手技に問題があるのでしょうか。

ご意見をお願いします。
[1] 掲示板について
管理者 2010/04/27(Tue) 08:56
この掲示板は糖尿病療養指導士を目指す方、またすでに資格をお持ちの指導士の方から、ご意見・ご質問を書き込んでいただくためのものです。

疑問に思うことなどがありましたらお気軽に書き込んでください。糖尿病専門医や他のCDEがお答えします。

書き込まれた文章は、管理者の承認後に公開されます。公開を希望しない場合は、お問い合わせフォームをご利用ください。

/form.html

[1] [2] [3] [4]

書き込みの修正・削除 記事No パスワード

療養指導で困った事、糖尿病専門医や他のCDEへの質問など、お気軽に書き込んでください。
L-CDEの広場(掲示板)

11月14日は世界糖尿病デー
World Diabetes Day

登録情報の変更依頼フォームページへ