L-CDEの広場(掲示板)

L-CDEの広場(掲示板)

療養指導で困った事、糖尿病専門医や他のCDEへの質問など、お気軽に書き込んでください。

名前 入力必須
Eメール
タイトル
コメント 入力必須
リンク
投稿キー 入力必須 (スパム防止のため、左に 投稿キー を入力してください。)
パスワード (入力しておくと、書き込みの修正・削除ができます。)

[17] ありがとうございます
仲 元司 2011/01/31(Mon) 19:32
深澤さん、何度も訪ねてくださって(笑)ありがとうございます。
有田さん、俳句のランチョンなんて、と思いましたがそう言って頂いて嬉しいです。
依田さん、自分から行動を起こすCDEになってください。
今年の成果はいずれまとめて皆さんのお手元に届けます。5月の学会では私が甲信越のこの取り組みを発表することになっています。
[16] 仲先生の俳句の話に感激!!
有田 明美 2011/01/31(Mon) 18:31
はじめてお邪魔します。
山梨大学医学部附属病院の「医療福祉支援センタ-」の専任
師長をしています。昨日の甲信越の研修会に出席しました。
参加者の熱気あふれたGWにも多いに刺激されましたが,「俳句」にふれることができました。五・七・五の十七文字に
その時の情景などが凝縮できるとは…これまた素敵な世界かと・・山梨の状況もお伝えしてアドバイスも頂ければと思っています。
[15] 無題
依田 善教 2011/01/31(Mon) 18:26
研修会に参加された皆様、おつかれさまでした。
新潟、山梨の皆さんの現状などイロイロな事が聞けて大変勉強になりました、ありがとうございました。

「もっと何かやらなゃ」という気にさせてくれる
とてもいい研修会だったと思います。

今後ももっと甲信越のL-CDEの輪が広がっていくといいですね。
[14] すみません。
深澤 幸子 2011/01/31(Mon) 14:07
送れていないのかと思い、ダブってしまったことを
お詫び申し上げます。

あ約束→お約束 でした!
誤字脱字 得意中の得意です 本当にごめんなさい。

削除しようにも削除できませんので・・・

森本さんへ 昨年と比較にならない素敵な会でした 本当に勉強になりました。

また、寄らせていただきます。
[13] 甲信越L-CDEリーダー研修会
森本光俊 2011/01/31(Mon) 13:27
新潟の皆さん、山梨の皆さん先日はどうもありがとうございました。昨年度に比べまた一層突っ込んだ議論ができ、今回は僕自身も本当に色々勉強になりました。もっともっと東北信L-CDEの活動が活性化するよう考え、努力していきたいと思います。

L-CDEの皆さん!!この掲示板はL-CDEのためのコミュニケーション広場です。気軽に遊びに来てくださいね。
[12] 昨日のお約束達成!!
深澤 幸子 2011/01/31(Mon) 10:39
はじめまして 山梨の管理栄養士です。

昨日はJ&Jでとても有意義な時を過ごせました。
仲先生 東北信の皆さま ありがとうございました。
寝不足だったけれど、楽しかったです!

ザッケローニ監督の言葉「成長」
これをいただき、まだまだ成長していきたいと思いますので
今後ともよろしくい願いいたします。

[11] 昨日のお約束達成!!
深澤 幸子 2011/01/31(Mon) 10:31
初めてお訪ねしました。
昨日のGWとても充実し楽しかったです。

沢山の刺激をいただき、今日はハイテンションです!!

ザッケローニ監督の言葉 「成長」をいただき
患者さんと歩いていきたいと、ますます思いました。

今後とも宜しくお願い致します。

[10] HbA1cについて
Nakano 2010/10/19(Tue) 23:14
詳しいご説明ありがとうございます。
要するに、温度計に例えると、「日本の0度は外国では4度だった」ということでしょうか。
日本が世界に先駆けてHbA1cを標準化し、糖尿病治療に活用してきたのにと思いますが、仕方がないですね。
当院でもスタッフに周知を図り、いざ変更の時、患者さんが困らないようにしたいと思います。
[9] HbA1cの国際標準値
仲 元司 2010/10/18(Mon) 14:40
今年の日本糖尿病学会年次学術集会で糖尿病の診断基準が新しくなりHbA1cの標準値が変更されると決まったことはお聞き及びでしょう。
実は日本糖尿病学会では世界に先駆けてHbA1cの標準化を進めてきました。いまあなたの施設で測定しても日本中の他のどの施設で測定してもほとんど差のない結果になるのはそのおかげです。これをJDS値と呼びます。
しかし世界の他の国ではこれとは別に米国主導でHbA1cの標準化が行なわれてきました。それをNGSP値と呼びます。
JDS値とNGSP値は使用する標準物質が異なるため数値に差が生じます。どちらが正しくてどちらが間違っていると言う話ではなくそもそも基準とする物質が異なるのだから結果が異なるのも仕方のないことなのです。
しかし学術論文では「日本人の論文のHbA1cが常に低いのは軽症例しか扱っていないのではないか?」と海外からケチを付けられたり我々が例えばACCORDなどの臨床試験の結果を読むときも微妙な違和感があったりしました。また海外の患者さんが日本に来たり反対に日本人が海外に住んだりしたときにこの差は問題となりますね。
そこで国際標準値として日本糖尿病学会としてもNGSP値を受け容れようと言うことになったのです。JDS値の方が先輩格なのですが何しろ韓国や中国を含め日本以外の世界中の国がNGSP値を採用していることから多勢に無勢、ということです。
ちなみにNGSP値はJDS値に0.4を単純に足せばよいということになっています。
今年7月から論文の上ではすでにNGSP値を使用することとなりました。でも臨床現場では「昨日まで6.2%だったのに今日から6.6%に増えちまった」と戸惑う患者さんもたくさん居られるでしょうから時間をかけて周知を図りXデーを決めて全国いっせいに変更しようと言うことになっています。それがいつなのかはまだ分りません(来年か再来年でしょうか)。追って学会から通知があるでしょうから皆さんは周囲のスタッフや患者さんにそうなる旨お伝えください。
[8] HbA1cについて
Nakano 2010/10/15(Fri) 22:06
日本のHbA1cと海外のHbA1cに差があるので、近いうちにHbA1cが改定されるようですが、なぜ差があるのですか。
測定法とか試薬とか不純物の関係ですか。
教えてください。
[1] [2] [3] [4]

書き込みの修正・削除 記事No パスワード

療養指導で困った事、糖尿病専門医や他のCDEへの質問など、お気軽に書き込んでください。
L-CDEの広場(掲示板)

11月14日は世界糖尿病デー
World Diabetes Day

登録情報の変更依頼フォームページへ